ここから本文です

【RIZIN】“特別MVPボーナス” 藤田大和にグレイシー道場入りプラン

10/18(水) 16:30配信

東スポWeb

 RIZIN15日の福岡大会で“キック界の神童”那須川天心(19)に判定負けしたものの強烈なインパクトを残した元アマチュアボクシング5冠王・藤田大和(25)に異例の“特別MVPボーナス”が用意されることが分かった。RIZIN FFの榊原信行実行委員長(53)が17日、明かした。驚きのその中身とは――。

「今大会のMVPは藤田です。本当にすごかった」。榊原委員長は福岡大会のMVPを問われると迷わずこう口にした。

 福岡大会で那須川と対戦した藤田は、予想をはるかに上回る熱戦を展開した。ここまで総合格闘技(MMA)で3戦全勝(RIZINでは4戦全勝)、しかも全てKOか一本勝ちを収めてきた神童をギリギリまで追い詰め、判定まで持ち込んだのだ。フジテレビ系で生中継されたこの試合は、番組の瞬間最高視聴率10・3%(ビデオリサーチ調べ)を記録した。 

 MMAデビュー戦とは思えない内容で、榊原委員長によると那須川の父・弘幸さんも「天心のミドルを2発も食らって立っているのはすごい。今の天心のミドルはキックボクサーでも1発入れば心が折れるのに…」と驚いていたという。

 年齢的にもまだ25歳と伸び盛りで、今後はRIZINとしても最大限のバックアップをする構えだ。具体案として榊原委員長は「MVPとしてファイトマネーの増額ではなく、もっといいボーナスをあげたい。渡航費用や滞在費などを全てRIZINで負担して、海外で武者修行するチャンスをあげたいと思います」とのプランを提示した。

 修行先はこれから選考に入るが、期間は1か月半から2か月程度になる模様。PRIDEでも活躍したギルバート・メレンデス、UFCファイターのニック・ディアスらを輩出した名伯楽のシーザー・グレイシーが指導している米カリフォルニアのジムが候補に挙がっている。

 アマチュアボクシングで超一流のキャリアを誇る藤田が、グレイシー柔術を身につければ、まさに「鬼に金棒」。すぐに那須川との再会マッチも射程距離内に入ってくるはずだ。ボクシング界の神童は、MMAでも頂点を目指し、海外で新たな格闘技人生をスタートさせる。

最終更新:10/18(水) 16:30
東スポWeb