ここから本文です

秋晴れほどなく終了 あす19日(木)関東は再び冷たい雨

10/18(水) 11:01配信

ウェザーマップ

 前線が南へ下がり、きょう18日の日本付近は東日本を中心に晴れの区域に入っている。ただし、西から早くも天気が下り坂で、午後は西日本で雨の範囲が広がる見込み。あす19日(木)は、東日本を中心に本降りの雨となりそうだ。

 きょう18日は一時的に前線が南へ下がり、晴れの区域に入った地域が多い。東京都心で、朝から晴れたのは先週の12日以来6日ぶりとなる。最高気温は関東や東海、近畿などで前日より3℃前後高く、東京は20℃、名古屋は22℃まで上がり、過ごしやすくなりそうだ。ただ、前線が西から再び北上するにつれて、西日本では次第に雨域が広がる予想となっている。午後は九州だけでなく、四国や近畿で雨となり、夜遅くには東海や関東の一部でも雨が降り始める見通し。

関東 19日は芯まで冷える

 19日は東日本を中心に雨の降る所が多く、冷たい空気が流れ込む影響で気温が上がりにくい予想だ。全国的に平年の気温を大幅に下回り、特に関東甲信では吐く息が白くなるほど冷える見込み。
 
<19日の予想最高気温>
 松本(長野)    10℃
 長野        11℃
 東京、横浜、前橋  12℃
 甲府、さいたま   13℃

最終更新:10/18(水) 11:01
ウェザーマップ