ここから本文です

【米ビルボード・ソング・チャート】ポスト・マローン&21サヴェージ自身初のNo.1、サム・スミスTOP10返り咲き

10/18(水) 12:22配信

Billboard Japan

 ポスト・マローンの「ロックスターfeat.21サヴェージ」が、新たなNo.1に輝いた、今週の米ビルボード・ソング・チャート。


 先週の時点でポイントダウンしていた、カーディ・Bの「ボダック・イエロー」は4週目の首位獲得ならず、2位へ後退。21位から3位にジャンプアップし、翌週にNo.1獲得を狙っていたJ・バルヴィン&ウィリー・ウィリアムの「ミ・ヘンテfeat.ビヨンセ」も、セールスが落ちたため6位にダウンした。今後、ストリーミング・チャートなどで巻き返す可能性もあるが、「デスパシート」の二番煎じ感はぬぐえず、同等のヒットまでにはならないだろう。


 そのストリーミング・チャートで2週連続の首位となり、デジタル・チャート(セールス)でもTOP3入りを果たした「ロックスター」。ポスト・マローン、そしてゲストの21サヴェージにとっても、初の全米1位獲得となる。この曲は、昨年12月にリリースされたデビュー・アルバム『ストーニー』に続く2作目のスタジオ・アルバムからのリード曲で、全米のみならず、ほぼ全ての主要国で首位を獲得している。ポスト・マローンならではのユルいトラップ・サウンドとは対照的に、歌詞の内容はかなりハード。こういう曲が、ヨーロッパ方面でも受けているのは意外だ。この曲のヒットを受けてか、21サヴェージの「バンク・アカウント」も、先週の16位から14位へランクアップしている。


 先週の13位から7位へ、返り咲きのTOP10入りを果たしたのは、サム・スミスの「トゥー・グッド・アット・グッバイズ~さよならに慣れすぎて」。9月30日付チャートで5位にデビューし、一旦圏外へダウンしたが、テレビ出演など新作のプロモーション効果を受け、今週再浮上した。本国イギリスやオーストラリア、ニュージーランドでは1位を獲得している。先週は、その新作『スリル・オブ・イット・オール』のアートワークも公開され、本作からの2ndシングル「プレイ」も、今週55位に初登場した。新作は、11月3日にリリースされる。


 20位に初登場したのは、リン・マニュエル・ミランダの「オールモスト・ライク・プレイング」。リン・マニュエル・ミランダは、今年の春に公開されたディズニー映画『モアナと伝説の海』の音楽や、【第70回トニー賞】(2016年)で11部門を受賞した『ハミルトン』の脚本・音楽・主演を務めた人物。この曲は、先月大きな被害をもたらしたハリケーン“マリア”のチャリティー・ソングとして、10月6日にリリースされた。リン・マニュエル・ミランダの呼びかけに、ジェニファー・ロペスや元夫のマーク・アンソニー、カミラ・カベロ、グロリア・エステファン、ファット・ジョーなど、新旧のビッグスターたちが集結している。アーティストたちがSNSで呼びかけたこともあり、出足は好調だ。


 60位には、チャーリー・プースの新曲「ハウ・ロング」がデビュー。4月にリリースされ、今週も12位に粘り強くランクインしている「アテンション」に続く、2017年第二弾シングルとして10月5日に発売された。この2曲が収録される、2作目のスタジオ・アルバム『ボイスノーツ』は、来年1月19日に世界同時リリースされると発表された。「ハウ・ロング」が、全米5位、全英9位をマークした「アテンション」を超えるヒットとなれば、新作もアルバム・チャート初の首位獲得が狙えるかもしれない。


 72位に初登場したケーン・ブラウンは、キャップを被り、両腕にタトゥーを入れたのカントリー・シンガー。新曲「ヘヴン」は、昨年12月にリリースしたデビュー作『ケーン・ブラウン』のデラックス・エディションがリリースされ、そのボーナス・トラックとして収録された曲。デラックス盤の発売により、アルバム・チャートでも先週の56位から5位に再ランクインを果たしている。注目の新人カントリー・シンガーでは、今年の【グラミー賞】で<最優秀カントリー・パフォーマンス>を受賞した、マレン・モリスの新曲「ディア・ヘイト」も、91位にデビューしている。



Text: 本家 一成


※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、10月18日22時以降予定となります。


◎【Hot100】トップ10
1位「ロックスターfeat.21サヴェージ」ポスト・マローン
2位「ボダック・イエロー (Money Moves)」カーディ・B
3位「1-800-273-8255」ロジックfeat.アレッシア・カーラ&カリード
4位「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ~私にこんなマネ、させるなんて」テイラー・スウィフト
5位「フィール・イット・スティル」ポルトガル・ザ・マン
6位「ミ・ヘンテfeat.ビヨンセ」J.バルヴィン&ウィリー・ウィリアム
7位「トゥー・グッド・アット・グッバイズ~さよならに慣れすぎて」サム・スミス
8位「サンダー」イマジン・ドラゴンズ
9位「ソーリー・ノット・ソーリー」デミ・ロヴァート
10位「アンフォゲッタブル」フレンチ・モンタナfeat.スワエ・リー

最終更新:10/18(水) 12:22
Billboard Japan