ここから本文です

<ラグビー>リーチ マイケルの主将復帰でジャパンは変わるか?

2017/10/20(金) 6:00配信

THE PAGE

 そしてメンバー発表の会見には欠席も、公式リリースに載せるコメントへらしさをにじませたのだった。

「今回選ばれなかった選手の皆さん、また日本代表でプレーしたいと強く望む皆さんへ。是非トレーニングを継続し、高いレベルを維持してほしいと思います」

 これまで国際リーグのスーパーラグビーは、ニュージーランドのチーフスとして参戦。もっとも来季は、日本代表と連携を図るサンウルブズの一員としてプレーしそうだ。いまだ契約合意は発表されていないが、日本代表のジョセフHCが、サンウルブズのボスにもなると決まった10月初旬には、「日本代表にとって、それがベスト」と口にしていた。

 以前は若いリーダー誕生への期待を口にしていたリーチとあって、2019年W杯日本大会での主将継続は流動的か。もっとも、その時は31歳と、まだラグビー選手としては脂の乗った年代。代表活動へのモチベーションが、以前のように高まっているとあり、最後まで重責を楽しむ可能性もある。ジョセフHCには「彼がベスト」と信頼されている。。

 この秋のツアーでは、タフなチャレンジをする。

 10月28日の世界選抜戦にJAPAN XVとして挑むのを皮切りに(福岡のレベルファイブスタジアム)、11月4日には、ワールドカップ優勝経験のあるオーストラリア代表と激突(神奈川・日産スタジアム)。以後はフランスへ渡り、18日にトンガ代表戦(スタッド・アーネスト・ワロン)、25日にはフランス代表戦(Uアリーナ)を予定する(いずれも現地時間)。

 2019年のW杯日本大会に向け、試練が重なるのは間違いなかろう。ただ、リーチが中心となって回る組織には、前主将の堀江も頼もしさを覚えている。

「若い人が中心になって動いた方がいい。もし(主将を)降りたとしても気にしないんで。(これからは)相談されたら(助言をする)という感じ。あまり出しゃばったりはしないでおこうと思います。僕がそうしなくても、しっかりしたリーダーはたくさんいる。心配せず、一緒にチームを作れたら」

 ぶれずに「トップスタンダードを…」の意を貫いてゆくリーチ。担当レフリーへの和やかなアプローチや選手主導の絆づくりを通し、ファン待望の白星をつかみ取りたい。

(文責・向風見也/ラグビーライター)

3/3ページ

最終更新:2018/10/1(月) 23:13
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事