ここから本文です

JR東海、一番人気47倍の「大井車両基地」を公開 新幹線の車窓から見えない車庫

10/19(木) 18:10配信

乗りものニュース

公開は珍しい大井車両基地

乗りものニュース

 JR東海が2017年10月14日(土)と15日(日)、大井車両基地を一般に公開。走りながら線路をチェックし“新幹線のお医者さん”と呼ばれる「ドクターイエロー」の車内見学、パーサー業務の体験などが行われました。

この記事の画像をもっと見る(18枚)

 大井車両基地は、田町付近で東海道新幹線の本線から別れた回送線の先、東京都品川区に存在。普段、新幹線の車窓からは見えない場所です。総面積は38.4万平方メートルで、およそ東京ドームの8倍。車両の検査や修繕、清掃などを実施しています。

 公開は、JR東海の発足30周年記念イベントのひとつ「新幹線 大井車両基地ファミリー見学会」として行われ、5633組が応募。当選は120組(1組4名まで)で倍率47倍と、数あるJR東海の発足30周年記念イベントで一番人気だったそうです。

「めったに大井車両基地にはお越しいただけません。少しでも東海道新幹線に親しんでいただければと思い、開催しました」(JR東海 東京仕業検査車両所長 水上企市さん)

 大井車両基地の一般公開は、旅行商品以外では今回が初めて。新幹線車両の床下機器打音検査や車内清掃、車掌業務の体験や、線路のゆがみを直す「マルチプルタイタンパー」の実演も行われました。

 ちなみに、東海道新幹線の車両基地はほかに3か所あり、静岡県三島市と名古屋市(日比津)、大阪府摂津市(鳥飼)です。

恵 知仁(鉄道ライター)

最終更新:10/19(木) 21:01
乗りものニュース