ここから本文です

強い台風21号は超大型に 台風接近前から大雨に警戒を

10/20(金) 16:00配信

ウェザーマップ

 台風21号は、20日午後3時に超大型で強い台風となった。台風は今後も発達しながら北上し、21日から22日(日)にかけて沖縄地方に接近する見込みだ。
また、その後、22日(日)から23日(月)にかけては、東日本から西日本にかなり接近、または上陸する可能性が高くなっている。
 週末から来週はじめにかけては、広い範囲で暴風や高波、高潮、大雨に厳重な警戒が必要となる。

 超大型で強い台風21号は20日午後3時にはフィリピンの東にあって、1時間におよそ15キロの速さで北上している。
 中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで暴風域を伴っている。
 
 台風は今後も北上を続け、21日から22日にかけて沖縄地方に接近する見込みだ。その後、23日頃にかけて西日本から東日本にかなり接近、上陸するおそれがある。23日(月)は交通機関が乱れる可能性もあるため、通勤通学の足への影響も心配される。

前線+台風の大雨 土砂災害など厳重警戒

 台風を取り巻く発達した雨雲や本州付近に停滞する前線の影響で、南西諸島や西日本、東日本の太平洋側では、21日から23日(月)にかけて非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨の降るおそれがある。
 台風の接近と通過に伴い、南西諸島から西日本、東日本の広い範囲で大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要だ。
 落雷や竜巻などの激しい突風にも、併せて注意が必要となる。

 今回の前線や台風により、21日(土)午後6時~22日(日)午後6時までの24時間に、東海地方の多い所で300~400ミリなどの予想雨量となっており、さらにその後も雨量は増えるとみられている。

暴風・高波

 南西諸島ではあす21日から22日(日)にかけて、西日本と東日本では22日(日)から23日(月)にかけて猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなる所がある。  暴風やうねりを伴った高波に厳重な警戒が必要だ。

 <21日にかけて予想される最大瞬間風速> 
  沖縄地方 60メートル

 <21日にかけて予想される波の高さ>
  沖縄地方 13メートル
  奄美地方 7メートル

高潮

 南西諸島から東日本では、台風の影響が大潮の時期と重なり潮位が高くなる見込み。海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水に警戒・注意が必要となる。

備えは今のうちに

 台風接近前から大雨となるおそれがあるため、早めの備えが必要となる。
 以下のような対策を心がけてほしい。

・側溝や排水溝の掃除をし、水はけを良くしておく。
・風で飛ばされそうなものは固定、または屋内へしまう。
・避難場所を確認し、避難用具の確認をしておく。
・停電に備え、懐中電灯の準備や携帯電話の充電をしておく。

最終更新:10/20(金) 17:50
ウェザーマップ