ここから本文です

張本勲氏、喝!の哲学を語る「いいか悪いか言わないと評論家にはならない」

10/21(土) 9:12配信

デイリースポーツ

 TBS系「サンデーモーニング」の「喝!」で人気の野球評論家、張本勲氏(77)が21日放送の同局系「サワコの朝」に出演し、「いいか悪いか言わないと評論家にはならない」と、「喝!」の哲学を語った。

【写真】張本勲氏、自身について語る「性格悪いし…」

 「サンデーモーニング」出演は「11月で20年ぐらいになるのかな」という張本氏、「喝!」のオリジナルは「大沢さんじゃないですかね。私が入った時は既に喝!とあっぱれ!はありましたから」と、元祖は「大沢親分」こと故大沢啓二・元日本ハム監督だと説明した。

 「喝!」が物議を醸すことも多い張本氏だが、「喝!入れるとけっこうクレームが来るんですよ、あちこちから。あっぱれ!は(反応が)来ないのにね」とボヤキ節。

 それでも「私はそう(自由に)させてもらってるんですよ。私ぐらいじゃないの?好きなこと言ってるのは。だいたい生意気だからね。思ったこと言うからね」と胸を張り、「相手を傷つけたりね、そういうようなことは絶対にやりませんよ。そういう資格もありませんしね」と、尺度を明かした。

 クレームは「ものすごいくるそうですよ」というが、「全然、私は(気にしない)。何千何万来ようがね。やっぱりいいか悪いか言わないと評論家にはならないじゃないですか。歯の浮いたようなお世辞ばっかり言ってたらね。やってる意味がない」と、「喝!」の哲学を語っていた。

最終更新:10/21(土) 10:28
デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/18(土) 3:45