ここから本文です

【動画】台風21号は非常に強い勢力に発達 台風接近前から大雨に警戒(21日7時更新)

10/21(土) 7:25配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 台風21号は、午前3時現在、超大型で非常に強い勢力にまで発達しました。この後も勢力を維持したまま北上し、あすは沖縄の大東島地方に接近、23日(月)には東日本に上陸する恐れがあります。また、台風の北上に伴って秋雨前線も北上するため、台風から離れた西日本や東日本も、この週末は大雨に警戒が必要です。

 きょうは、台風に近い沖縄で雨や風が強まり、大荒れの天気となりそうです。大東島地方では、夕方から暴風になり、沿岸の海域では猛烈にしける見込みです。また、活発な前線の影響で、きょうは西日本や東海で、あすは西日本から東日本の広い範囲で、局地的には、猛烈な雨となりそうです。

■予想雨量(あす朝まで・多い所)
  奄美          250ミリ
  沖縄、九州南部     200ミリ
  東海、四国、近畿    150~180ミリ
  伊豆諸島、九州北部   100~120ミリ

東海、四国、近畿地方は、台風本体が近づくあす以降、更に雨量が増えて、総雨量が500ミリを超える恐れがあります。これまでの長雨で既に地盤の緩んでいる所もありますので、土砂災害や、低い土地の浸水、川の増水などに厳重な警戒が必要です。

■予想最大瞬間風速(あすにかけて)
  沖縄          65メートル
  近畿          45メートル
  九州南部・奄美、四国、東海 35メートル
              
■予想される波の高さ(あすにかけて)
  沖縄          13メートル
  近畿、東海       10メートル
  九州南部・奄美、四国  9メートル
  伊豆諸島        8メートル
  九州北部、中国地方   6メートル
    
 日中の気温は、西日本の太平洋側を中心に、この時期としては低くなりそうです。20度を下回る所が多く、北寄りの風が吹くと、いっそう肌寒く感じられるでしょう。(気象予報士・桐谷景子)

最終更新:10/21(土) 7:25
ウェザーマップ