ここから本文です

台風21号 総雨量800ミリ超えも 大雨への備えを万全に

10/21(土) 11:21配信

ウェザーマップ

 超大型で非常に強い台風21号は、日曜日には沖縄地方に接近、22日から23日(月)にかけては西日本から東日本、北日本にかなり接近する見込み。前線を刺激するため、西日本や東日本の太平洋側を中心に台風接近前から大雨になるおそれがある。
 暴風や高波、高潮、大雨に厳重な警戒が必要だ。

 台風21号は、午前10時には日本の南にあって、1時間におよそ15キロの速さで北東へ進んでいる。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は70メートルで、暴風域を伴っている。

 今後、台風21号は日本の南を北上し、非常に強い勢力で沖縄地方に接近、その後も勢力をあまり落とすことなく、23日にかけて、西日本から東日本、北日本にかなり接近する見込みだ。

<大雨・雷・突風>

 台風を取り巻く発達した雨雲や本州の南海上に停滞する前線の影響により、南西諸島や西日本、東日本の太平洋側を中心に、あさって23日にかけて、非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨が降る見込み。

 東海地方では総雨量が多いところで800ミリを超える予想で、近畿でも600ミリ超え、関東甲信では500ミリほどに達するおそれがある。

 <あさって23日正午までの24時間予想雨量〉(多いところ)
東海地方 400~600ミリ
近畿地方、関東甲信地方、伊豆諸島 300~400ミリ
中国地方、四国地方、北陸地方、東北地方 200~300ミリ
九州北部地方 100~200ミリ

 台風の接近と通過に伴い、南西諸島から西日本、東日本を中心とした広い範囲で大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要だ。

<暴風・高波・高潮>

 台風の影響で、南西諸島ではあす22日にかけて、西日本と東日本では22日から23日にかけて、猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなるところがある見込み。
 暴風やうねりを伴った高波に厳重な警戒が必要だ。

 また、南西諸島から東日本では、台風の影響が大潮の時期と重なり潮位が高くなる。気象庁は、海岸や河口付近の低地での高潮による浸水や冠水に警戒を呼びかけている。

 今回は、台風の接近、満潮時間、黒潮の蛇行など悪条件が重なっているため、近畿から関東の沖では特に高潮のおそれがある。

■大雨・暴風など早めの備えを

 各地で大荒れの天気が予想され、早めの備えが大切となる。前線を刺激するため、特に大雨に対する万全な準備が必要だ。

・室外にあるものは飛ばされて凶器になるおそれがあるため室内にしまう
・事前に避難所や避難経路を確認する
・携帯電話の充電や懐中電灯の電池を確認する
・排水溝などの掃除をしておく
・水や食料などの確保をしておく
・雨で増水した川や、崖の近くなど危険な場所に近づかない

最終更新:10/21(土) 11:57
ウェザーマップ