ここから本文です

【動画解説】台風21号 月曜未明に東海地方上陸へ 北海道は大雪・吹雪に警戒

10/22(日) 14:01配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 台風21号は今後も北東方向へ進み、23日(月)の未明から明け方には上陸する可能性が高くなっています。全国的に大雨・暴風となるほか、大雪や吹雪にも警戒が必要です。

 超大型で非常に強い台風21号は今後速度を上げながら本州に近づきます。23日の未明から明け方にかけて東海地方に上陸する可能性が高く、関東には朝にかけて最接近する見込みです。

 その後も台風は北東方向へ進み、午後には北日本の太平洋沖へ移動していきます。

 22日は台風本体の雨雲がかかる西日本~東海で1時間に80ミリ以上の猛烈な雨の降るおそれがあります。夜になると関東など東日本にも活発な雨雲が広がるでしょう。

 23日の朝になると西~東日本では雨がやんでいきますが、午後にかけて北日本で警戒がつづきます。台風が上空の寒気を南下させるため、北海道の内陸部では雨ではなく雪となるところもありそうです。風も強いため吹雪くところもあるでしょう。

 全国的には大雨や暴風に警戒が必要ですが、それに加えて北海道では大雪や吹雪にも警戒してください。(気象予報士・河津真人)

最終更新:10/22(日) 14:19
ウェザーマップ