ここから本文です

ホンダ「パワーユニットは予想どおりのパフォーマンスを発揮。ポイント獲得を目指す」/F1アメリカGP土曜

10/22(日) 11:28配信

オートスポーツweb

 2017年F1アメリカGPの土曜予選で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは9位、ストフェル・バンドーンは13位だった。

ここ数戦ノーポイントが続いているアロンソは、今度こそ入賞のチャンスを逃したくないと語っている

 アロンソは、マックス・フェルスタッペンのペナルティによって8番グリッドに繰り上がる予定。バンドーンはエンジン交換により5グリッドダウンとなるが、他に複数のドライバーが降格となる関係で、14番グリッドからスタートできる見込みだ。

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ホンダF1プロジェクト総責任者 長谷川祐介
 アメリカGPの2日目は、テキサスの強い日差しが降り注ぎ、気温が上昇しました。難しいコンディションでしたが、私たちチームの予選はうまくいったと思います。

 ドライバーふたりは昨日のセッションを終えた段階で、セットアップに改善の余地があると感じていました。そのためFP3ではマシンのベストバランスを探すことに集中しました。

 チームのハードワークによって、フェルナンドは見事な走りを見せ、今回もQ3に進むことができました。ストフェルは惜しくもQ3に進めませんでしたが、ふたりとも昨日に比べてパフォーマンスに向上が見られたと思います。

 今週末、PUは予想どおりのパフォーマンスを発揮しています。明日の決勝ではポイントを取りたいですね。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/22(日) 11:28
オートスポーツweb