ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】ホンダPU問題再び・・・2人を悩ませた“共通”の原因とは?

10/23(月) 15:01配信

TopNews

マクラーレン・ホンダは信頼性の問題に悩まされ、F1アメリカGPをポイント圏外で完走するという残念な結果となった。

●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「PU内で奇妙な・・・チャンスを逃し痛みを伴う結果」

■ストフェル・バンドーン車に起こった問題

今朝、ストフェル・バンドーンのMGU-Hに問題があることが発覚。ピットレーンが開く前にMGU-Hだけを交換する時間が十分になかったため、パワーユニット(PU)一式を交換することをチームとして決断した。このため、金曜日の朝に行ったICE(内燃機関)の交換に伴う元々の5グリッド降格ペナルティーに加えて、バンドーンのスタートポジションがさらに25グリッド下がる結果となった。

バンドーンは最後尾からすばらしいスタートを切り、1周目に前を走る3台のマシンをオーバーテイクすると、徐々にポジションを上げ始めた。今回初めてレースに臨むコースで見事なバトルを繰り広げ、マーカス・エリクソン(ザウバー)、ケビン・マグヌッセン(ハース)およびランス・ストロール(ウィリアムズ)をオーバーテイクした。ストロールには最終ラップで抜き返されたものの、バンドーンは入賞を僅差で逃す12位で完走。今日のレースで彼の努力が報われることは、ほとんどなかった。

■フェルナンド・アロンソ車に起こった問題

一方、フェルナンド・アロンソは、レース開始前にペナルティーを受けることはなかったものの、彼も信頼性の問題に悩まされた。バンドーンと同様に力強いスタートを切ったアロンソは、周辺のマシンとの差を維持し、1回目のピットストップを行うまでは堅実なペースをみせていた。ただ残念ながら、8番手(前方のフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)がまだピットストップを行っていなかったため、実質7番手)で走行していた24周目にパワーを失い、マシンをリタイアせざるを得なかった。この問題は、後にMGU-Hの不具合と診断された。

最終更新:10/23(月) 15:11
TopNews