ここから本文です

台風21号で観覧車のゴンドラがぐるんぐるん大車輪状態 「新手の絶叫系」と話題に 実は安全策の一環

2017/10/23(月) 20:02配信

ねとらぼ

 近畿地方から関東地方にかけ猛威を奮った超大型の台風21号。23日昼頃、愛知県知多郡にある観覧車のゴンドラが強風によってぐるんぐるんと回転している動画がTwitterに複数投稿され、異様な光景が大きな反響を呼んでいます。

【ゴンドラ大回転、別角度から】

 話題となっているのは水族園と遊園地の複合レジャー施設「南知多ビーチランド」の観覧車。動画はいずれも23日の9時~12時ごろ、21号が通過した後に撮影されたものです。

 青空の下、観覧車全体が止まっている……のですが、頂上あたりのゴンドラだけが5基ほど、風に煽られてその場で鉄棒の大車輪のように回っています。回転は1秒に1回とかなり速く、もし自分が乗車していたらと想像するとゾッとする光景。観覧車ってこんな絶叫系だったっけ……?

 Twitterでは「なんと恐ろしい新アトラクション」「最強の絶叫系」とゴンドラの状況に驚く声が続出。「軸が折れて飛んだりしないよね?」「これって大丈夫なのかな」と事故につながらないか不安視する人もいました。動画を投稿したshinjiさんのツイートは1日で5万回以上リツイートされるなど大きな注目を集めています。

 しかし本当にこの状況、大丈夫なのでしょうか……? 南知多ビーチランドに取材したところ、「ゴンドラがぐるぐると回っているのは、観覧車が壊れないようにするための意図的な対応です」と回答。

 「ゴンドラの回転軸を固定して強風に抵抗してしまうと、かえって軸が曲がってしまうなど故障を招く原因となってしまいます。構造としては固定せずにゴンドラを回してしまった方が軸に負担は少なく、安全なのです。機種にもよりますが他の遊園地の観覧車でも、強風の際に同じようにあえて回させるところはあると聞いています」(担当者)

 23日は台風による影響で終日運休し、上記の理由からゴンドラの軸を固定せずにいたとのこと。観覧車は毎日運行前に点検しており、今回のような強風で回転させた後も点検作業を行った上で稼働させるので、安全面に問題はないと説明します。

 「過去に強風時にゴンドラを回させたことは何度もありました。今回あらためてTwitterで話題になったのはスマホの普及によるものかもしれません。当園には観覧車だけではなく、くるくる回るイルカもおりますので、よろしければ足をお運びください(笑)」(担当者)

 最後にはのほほんとイルカのPRまでされるとは。かなり危なげに見えた観覧車のゴンドラ大回転は、むしろ安全策の一環でした。今後は台風の風物詩として眺めるのも良いかもしれません。

最終更新:2017/10/23(月) 23:23
ねとらぼ