ここから本文です

「情報が少なすぎる」台風21号で大和川などが氾濫。避難者の叫び

2017/10/23(月) 2:26配信

BuzzFeed Japan

台風21号の影響で、各地で河川が氾濫、もしくは一歩手前の段階の氾濫危険の段階に達するなど、水害が懸念される状況になっている。BuzzFeed Newsは避難指示を受けて近くの小学校に避難している男性に話を聞いた。【BuzzFeed Japan / 伊藤大地】

台風接近でしてはいけない5つのこと

10月23日午前1時現在、奈良県、三重県にまたがる名張川、宇陀川、奈良と大阪を流れる大和川が氾濫。危険な状態だが、選挙報道に各社が時間を割いていることもあり、通常の災害時よりも、避難情報や被害状況が届きにくい状態だ。

各地で避難指示が出る中、大和川流域の奈良県磯城郡在住で、三宅小学校に避難した片山新介さんに話を聞いた。

------
現在、氾濫危険水域に達したということで在住地域全体に避難指示が出て、小学校に避難している状態です。

近所は農家が大半ですが、田んぼはすべて水に浸かっています。まるでため池のように水が溜まり、避難している小学校のグラウンドも水浸しの状態です。川の状況は一進一退、ギリギリで氾濫が抑えられているような状況です。

このあたりに住んで8年になりますが、あんな川の表情を見たのは初めて。消防団、パトカー、警備員が橋の近くを巡回、待機し、物々しい雰囲気でした。

避難所はざっと見たところ、200~300人といったところでしょうか。ニュースで一切報じられないので、情報量が少なすぎる状況です。ひょっとすると、まだ自宅で待機している人もいるのかもしれません。
------

最新の情報は気象庁のホームページや、国土交通省の「川の防災情報」、Yahoo! 天気・災害情報などから確認できる。

大和川の下流域は大阪府堺市など人口密集地が連なる都市部。さらに低地ということもあって、被害の拡大が懸念されている。

最終更新:2017/10/23(月) 5:20
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事