ここから本文です

“投資される起業家“の共通点とは--小笠原治×千葉功太郎 エンジェル投資家対談

2017/10/25(水) 11:15配信

SENSORS

「投資家とスタートアップ」をテーマに行われたSENSORSサロン。ゲストは投資家・起業家であるABBALab代表取締役 小笠原治氏と、個人投資家・起業家であり、今年6月にDrone Fundを立ち上げた千葉功太郎氏だ。

4回にわたってお届けする第1弾記事では、ゲストのお二人に「投資家に選ばれる起業家の共通点」について伺った。MCの齋藤精一が「日本にスタートアップは根付かないのではないか」と語るように、国内の起業率は欧米諸国に比べて依然として低い。しかし1999年に始まったインターネットバブル以降、日本にもエンジェル投資家が生まれ、起業のハードルは着実に低くなりつつある。

ドローンやIoTなど最先端テクノロジーに投資する二人は、どのような視点で起業家を判断しているのだろうか?

まず『SENSORS』MCの二人は、今回のテーマ「投資家とスタートアップ」をどのように捉えているのだろうか。

落合陽一(以下、落合):日本はインターネットバブル以降、成功した起業家たちが次世代の起業家の育成を目的に投資する機会が増えました。
ここ4~5年くらいで「エンジェル投資家」という言葉をよく聞くようになったと思います。一方、起業が盛んなアメリカの西海岸では、1980年代からエンジェル投資家は当たり前の存在です。

齋藤精一(以下、齋藤):起業家にとって、エンジェル投資家が身近な存在になったのは最近のことですよね。
僕は「日本にスタートアップは根付かないのではないか?」と思っています。モノづくりが得意な国なので、クリエイターは育つけれど起業家は育ちにくい。クリエイターのスキルと起業家のスキルは別物で、両方のスキルを併せ持つ人材は稀有です。「スタートアップが盛んになっている」と聞いても、まだ半信半疑でいます。本日のゲストは投資家になる以前に起業を経験しているそうなので、ここ数年に起こった文化の変化について伺いたいです。


MCの落合、齋藤はどちらも起業家。落合が初めて会社を創業したのは学生時代、齋藤がライゾマティクスを創業したのは11年前である。当時から日本のスタートアップ文化はどのように変化しているのだろうか?

ここから、今回のゲストである小笠原治氏と千葉功太郎氏を交えて議論が行われた。起業家から投資家へと転身した両ゲストの自己紹介から話は始まる。

1/3ページ

最終更新:2017/12/4(月) 17:55
SENSORS