ここから本文です

イエモン吉井「再結成して良かった」 密着映画監督の撮影方法をメンバー絶賛【動画付き】

2017/10/25(水) 19:40配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 昨年15年ぶりに再集結したロックバンド・THE YELLOW MONKEYが、きょう25日から東京・六本木ヒルズほかで開催される『第30回東京国際映画祭』(~11月3日)で特別招待作品として上映されたドキュメンタリー映画『オトトキ』(11月11日公開)の舞台あいさつに出席した。

 “サル年”の1992年5月にメジャーデビューしたイエモンが、2001年1月8日の東京ドーム公演をもって活動休止し、そのまま2004年7月7日に正式に解散。同作は、15年の沈黙を破って“サル年”の2016年の1月8日に復活を果たし、36万人超を動員した全国アリーナ&ホールツアー42公演に密着したドキュメンタリー映画。2015年に公開されたRADWIMPS・野田洋次郎(32)の俳優デビュー作『トイレのピエタ』の松永大司監督(43)がメガホンを取った。

 映画館に吉井和哉(51)、菊地英昭(52)、廣瀬洋一(54)、菊地英二(50)が登場すると、観客からはそれぞれのバンドネームがこだまする大歓声が発生。慣れない舞台あいさつに英昭は「気恥ずかしさというか、勝手が違うので手と足が両方出ちゃいそうになっちゃう」と苦笑いを浮かべた。

 劇的な復活劇からのドキュメンタリー撮影について、廣瀬は「洗いざらい丸裸なイエローモンキーということで、すごく赤裸々な丸っとリアルにドキュメントされている。全部出しちゃえという状況でした」と回想。上映中3回は泣きそうになったという吉井は「英二さんが今回助演男優賞だから」と話を振ると、英二は「主役は監督。普通の監督がドキュメンタリー撮っていたら、ひょっとしたら僕らここに立ててないかもしれない。監督との出会いに感謝したい」と話し、メンバーもそろってうなずいた。

 1年間も密着撮影した松永監督は、「なるべく客観的に撮りたい」という思いがあったと明かし、「信頼してもらわなきゃいけないんだけど、どこかで身内にならないように撮っていた。いろんな時間を見させてもらうなかで、自分が入り込まないようにすることの方が大変だった」と苦労を吐露。

 そんな監督の姿を見ていた吉井は「僕は心開き過ぎて、きょう同じカツラにしちゃいましたけどね」とジョークを交え賞賛。英二は「撮られ慣れているけど、カメラが向くと構えちゃう。監督のカメラだけはなくなっちゃう不思議なチカラを持っている。こっちは家族だと思っている」といい、廣瀬は「映画で変わったかもしれないですね。垣根の部分が」と監督の手腕をそれぞれが絶賛。写真撮影の合間にはいくつものジョークを交え会場を笑いの渦に包み、吉井は「再結成してよかったー」と笑顔を浮かべながら撮影に応じていた。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:2017/10/25(水) 19:40
オリコン