ここから本文です

<TIFF2017>阿部寛、『空海』演じた染谷将太を絶賛「若手では、この人しかいない」

2017/10/25(水) 19:53配信

クランクイン!

 映画『空海‐KU-KAI‐』主演の染谷将太が25日、都内で行なわれた「第30回東京国際映画祭」のレッドカーペットイベントに登場。劇中では丸坊主姿だったが、この日、染谷はかなり伸びてクルクルになったヘアを披露した。あいにくの小雨が降り続いたが、染谷は共演する阿部寛、ホアン・シュアン、シン・ポーチン、松坂慶子、そして原作者の夢枕獏とレッドカーペットを楽しんだ。

【関連】「第30回東京国際映画祭」オープニング&レッドカーペットの様子<フォト特集>


 最初に、「30周年、おめでとうございます。『空海‐KU-KAI‐』チームです、よろしくお願いいたします」と真摯に挨拶をした染谷。壮大なスケールの撮影となった本作を振り返り、「今まで経験できなかったことをたくさん経験できて、本当に素敵な時間でした」と充実感をにじませていた。安倍仲麻呂を演じた阿部は、染谷の空海役について「空海を染谷くんがやってくれるということで、若手では『この人しかいないだろうな』って。難しい役でしたが、チェン・カイコー監督のもと、本当に丁寧につくられました。僕の宝です」と表現した。

 大御所女優の松坂をもってして、「長年の憧れのチェン・カイコー監督」と言わしめた本作。松坂は、「出演できて、とても光栄です。パワーがあり、愛や美に酔わせてくれる作品なので、ぜひ楽しんでください」と丁寧にピーアールしていた。

「第30回東京国際映画祭」の特別招待作品オープニングスペシャルとして上映される『空海‐KU-KAI‐』はチェン監督による、日中豪華俳優が競演した空前絶後の日中共同スペクタクル大作。中国・唐の時代、日本から遣唐使として中国へ渡った僧侶・空海が、詩人・白楽天と共に、首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫る。

「第30回東京国際映画祭」は11月3日まで開催。

最終更新:2017/10/25(水) 19:53
クランクイン!