ここから本文です

奈良の現状を憂う、地元有志のアート展

10/26(木) 7:00配信

Lmaga.jp

近鉄奈良線「学園前駅」(奈良市)の南側一帯で『学園前アートフェスタ2017-メメント・森-』が11月4日から始まります。

【写真】中島麦作品 ※参考図版(帝塚山学園18号館でワークショップを開催)

学園前は昭和の高度成長期に開発されたニュータウンで、いわゆる「瀟洒(しょうしゃ)な住宅街」です。また地区内に私立校や美術館があり、文教地区でもあります。しかし、そんな学園前でも近年は少子高齢化や空き家問題が顕在化してきました。このイベントは現状を憂う地元有志が発案し、駅南側の空き家、学校、美術館、ギャラリーなどを会場にアートイベントを開催するものです。美術展を楽しみながら、地元の歴史と現状を振り返り、何らかの突破口を模索することがテーマとなっています。ちなみにサブタイトルの「メメント・森」は、ラテン語の警句「メメント・モリ(死を忘れるな)」と、開発前の学園前が深い森だったことにちなんでいます。

参加作家は11組。観客体感型の大作を得意とする奥中章人(帝塚山学園18号館で展示)、植物の断片から型を取って小さな生き物を表現する新野洋、使われなくなった電球の中に植栽を施して小さな生態系を作り出すRe:Planter+川﨑仁美(どちらも淺沼記念館で展示)、ベテランの伊東敏光と原田要(どちらも大和文華館文華ホールで展示)など、バラエティに富んだ表現が楽しめます。

地域を舞台にしたアートイベントの場合、開催エリアが広くて移動が大変という問題が起こりがち。しかし『学園前アートフェスタ』は会場が密集しており、半日で全会場を巡れ、最寄り駅からもすぐ。アート初心者にもおすすめです。

文/小吹隆文(美術ライター)

最終更新:10/31(火) 22:48
Lmaga.jp