ここから本文です

Galaxy Note8がついに国内発売、ドコモ・auが取り扱い

10/26(木) 11:00配信

Engadget 日本版

NTTドコモとauは、サムスンの新型スマートフォン「Galaxy Note 8」を本日(10月26日)発売しました。

Galaxy Note 8は、6.3インチ 有機ELディスプレイを搭載した大画面スマートフォンです。解像度は2960 x 1440と縦長で、WEBやSNSの視認性を向上させたのが売り。さらに、上下左右のベゼルを極限まで落としたとうたう「Infinity Display」も特徴とします。

プロセッサには高性能なSnapdragon 835を搭載。RAM容量は6GB、ストレージ容量は64GB。microSD外部ストレージは256GBまで対応します。出荷時OSはAndroid 7.1。防水防塵にも対応するほか、国内版はワンセグ・フルセグ・FeliCaに対応します。

カラーはミッドナイトブラック、メイプルゴールドの2色展開です。

国内版の本体価格(いずれも税込)は下記の通りです。

・ドコモ:12万6360円(月々サポート適用後の実質価格は7万6464円)
・au:11万8800円(端末回収を前提とするアップグレードプログラムEX適用後の実質価格は5万9400円)

なお、発売を記念して『Galaxy #NoteMe キャンペーン』を実施します。期間中に自身の写真を投稿すると、抽選で著名イラストレーターがSペンでオリジナルのイラストを描き込みプレゼントします。応募期間は10月26日~12月17日。

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)

最終更新:10/30(月) 13:05
Engadget 日本版