ここから本文です

悪の組織「ロケット団」に入れるぞ! 佐賀県がポケモンとコラボ ニャース気球も登場

10/26(木) 11:48配信

佐賀新聞

 佐賀県は25日、地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の一環で、子どもたちに大人気のテレビアニメ「ポケットモンスター」とのコラボ企画を発表した。敵役の「ロケット団」の団員になれるスタンプラリーなどで、全国のアニメファンや子どもたちを佐賀に呼び込む狙いだ。

 1997年の放送開始からこの秋で放送千回を迎える「ポケモン」。そこに登場する悪の組織「ロケット団」に着目した。県担当者は「ポケモンファンの世代層は広い。イベントを通じて大勢の人たちが佐賀を訪れるきっかけになれば」と意図を説明した。

 企画は盛りだくさんで、佐賀バルーンミュージアムなど佐賀市内5カ所や飲食店9店でリスニングや穴埋め問題に答えると「団員証」が交付され、1千万人の団員拡大を目指している。

 11月1日から佐賀市で開催される「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」では、人気悪役キャラ「ニャース」の気球も登場する。11月26日には、吉野ヶ里歴史公園(神埼市郡)で団員千人を集めて、人気キャラ「ピカチュウ」の人文字作りも企画する。

 県庁であった会見では、山口祥義知事がロケット団のボス「サカキ」のコスプレで登場し、ニャースと共に企画の全容を説明し、「佐賀県はロケット団に全面的に協力します」と声高らかに誓った。

最終更新:11/1(水) 12:09
佐賀新聞