ここから本文です

民進党の前原代表「一定の方向性定めた上で辞任する」両院総会で表明

10/27(金) 16:10配信

THE PAGE

 民進党の前原誠司代表は27日午後の両院議員総会の冒頭で、衆院選前に希望の党への事実上の合流を進めながら、民進党の分裂を招き、自民党が大勝した選挙結果を受けて、「小池新党との合流は結果的にボタンの掛け違いもあって結果が伴わなかった。責任を痛切に感じている」と陳謝し、「(11月1日召集の)特別国会を前にする中で、一定の方向性を定めた上で辞任する」と表明した。

【一部中継予定】民進党が午後3時から両院議員総会 前原代表の進退は?

 「一定の方向性」については、再来年の統一地方選、参院選に向けて「われわれは1強多弱をどう壊していくかという責務がある。それに対してどういう行動を取るか。いろんな立場があるとは思うが、それが共通認識と思う」と述べた。

 前原代表の冒頭発言の後、総会は両院議員懇談会に切り替えられた。懇談会は非公開で、今後の党の方向性などについて議論しているものとみられる。

最終更新:11/1(水) 5:52
THE PAGE