ここから本文です

岡山天音主演、桂正和の漫画『I”s』実写ドラマ化 スカパー!で来年放送

11/1(水) 3:59配信

オリコン

 1997年~2000年に『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載された桂正和氏の漫画『I”s』が、スカパー!オリジナル連続ドラマとして実写ドラマ化される主人公・瀬戸一貴役には、連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)で漫画家を演じた岡山天音が決定した。

【写真】原作者の桂正和氏

 原作は、1990 年代後半に男子中高生の恋愛バイブルとして親しまれ、単行本(全9巻)の累計発行部数が1000万部を超える人気作。少年誌連載の恋愛漫画ならではの妄想が妄想を呼ぶ、男性目線の王道ラブストーリー。

 一貴は高校2年生。同じクラスの葦月伊織に1年生の頃から恋心を抱いていた。そんな時、伊織と2人で「新入生ようこそパーティ」の実行委員をやるという幸運が訪れる。徐々に伊織と打ち解けてきた頃、 突然、一貴の目の前に幼馴染、秋葉いつきが現れる。

 高校3年生の夏休みに一貴は仲間たちと海に行き、そこで傷心旅行中の磯崎泉と出会う。それから泉の猛烈なアタックを受けながらも、伊織への想いを持ち続けた一貴はついにクリスマス・イブに告白をし、晴れて伊織と付き合うこととなった。

 大学受験に失敗した一貴は一人暮らしをはじめ、隣に住む伊織に似た麻生藍子と親しくなる。会えない恋人を待つ者同士の2人はひかれ始めるが、やはり一貴の気持ちは伊織にあった。しかし、伊織のため、自分の思いを犠牲にしようと考える一貴。一貴が望む本当の幸せとは? そんな時、いつきから一通のビデオレターが届く。

 撮影はすでにクランクインしており、岡山は「一貴役の話をいただいた時、まさに原作の『I”s』を読んでいる真っ最中 だったので驚きと大きな縁を感じました。一回り年上の先輩たちにオススメの漫画を聞くとみんな口を揃えて勧めてくれたのが『I”s』でした。長く深く愛され続ける原作の実写化ということでプレッシャーも感じていますが、原作の持つ美しいメッセージを三次元の世界の中で僕なりに体現していきたいと思っています」と、コメント。

 原作者の桂氏は「原作愛にあふれたスタッフさんたちで、大感謝! いろいろ関わらせていただいたので、完成する日が楽しみです」と、お墨付きを与えている。

 同ドラマは、BS スカパー!(BS241/プレミアムサービス 579)、スカパー!オンデマンドにて、来年放送・配信。

最終更新:11/1(水) 10:33
オリコン