ここから本文です

橋下氏「希望議員は小池代表を足蹴」「維新も同じ状況」…直撃取材に怒り原因明かす

10/28(土) 18:07配信

デイリースポーツ

 前大阪市長の橋下徹弁護士が28日、大阪市内でデイリースポーツなどの取材に応じた。

 衆院選後に、党代表選が必要と唱えた日本維新の会・丸山穂高氏(33)のツイッター投稿文体が不敬だと激怒している件を問われると「代表選を堂々と求めればいいし、どんどん意見を言って、とことん執行部を突き上げればいいが、言い方がある。今までの大阪維新の会の活動や、松井代表の苦労に、一定のリスペクトを持つべきだ」と述べた。

 橋下氏は、衆院選後に希望の党で小池百合子代表に対する批判が起こっていることを挙げ「風に頼って、いざああいう形になったら小池さんを足蹴にするようなことをやっているが、そういう状況は維新の国会議員にもある」と述べた。

 今回の維新の選挙結果を「全然厳しくない。日本維新の国会議員は、野党で何か結果出した訳じゃないのに、大阪だけはあんだけの票が取れてるのは、これまで大阪維新の会が頑張ってきたからじゃないですか」と指摘した。

 そのうえで「国会議員のひどさをね。前から国会議員に対する思いがあったので、地方議員を代弁して言わせてもらった。以前から、国会議員に対しては地方議員の不満もあったから、衆院選挙があった、この機会に。ずっと地方議員が我慢、我慢してたことを、私人だから全部言わさせてもらいました」とした。

最終更新:10/30(月) 17:03
デイリースポーツ