ここから本文です

橋下氏、丸山議員の党代表「茶化し」2度目…松井代表「20歳も年下に我慢している」

10/28(土) 19:21配信

デイリースポーツ

 前大阪市長の橋下徹弁護士が28日、大阪市内でデイリースポーツなどの取材に応じた。

【写真】「問題ない」と反論する丸山議員

 衆院選後に、日本維新の会・松井一郎代表(53)に対して党代表選が必要と唱えた丸山穂高議員(33)のツイッター投稿文体が、茶化すかのようで不敬だと激怒している件を問われると「代表選を堂々と求め、どんどん意見を言って、とことん執行部を突き上げればいいが、言い方がある。今までの大阪維新の会の活動や、松井代表の苦労に、一定のリスペクトを持つべきだ」と述べた。

 丸山氏に関しては「丸山議員は、僕が引退する前に、茶化して『引退撤回ですか』みたいなことを言ったこともある」と明かし、「あの時からちょっと言い方があるんじゃないのとは思っていた」とした。

 一方、松井代表は、この日、同市の党本部で開かれた常任役員会後に取材対応。丸山氏のSNS投稿に関して「僕は今、組織の長であり、知事という公人なんでね。若手のSNSに過敏に反応すると、度量が問われる。我慢するしかないと思うんです」と憮然とした様子。「私人なら、そら20も歳が違う下の者からチョケた話されると、そら私人なら色々なことがあるが、知事もやってるから立場はわきまえている」と述べた。

 丸山議員に関しては「以前にも彼は、橋下代表から言葉遣いに関して注意を受けていますからね」と指摘。「直接話したこともほとんどなく、以前に橋下代表に礼節欠いた物言いをした時に注意したくらいです」とした。

 丸山氏は現状、SNS以外では、党会議などで代表選を求めるなどの発言はしていないという。

 同席した馬場伸幸幹事長は、今回の件で、丸山氏に対し「代表に対して礼節を欠いているだろうとは言いました。その話が納得できれば、彼は次のアクション起こすはずで、それを待ってる状況です」と説明。

 報道陣から「待つ話か?」と問われると「若い子は、温かい目で育てていかないと」と苦笑いを浮かべた。

最終更新:10/30(月) 23:38
デイリースポーツ