ここから本文です

【MLBプレーオフ】グリエル“差別行為”釈明「侮辱するつもりなかった」 監督「本人は後悔」

2017/10/28(土) 15:25配信

Full-Count

ダルビッシュに対する人種差別行為の疑惑、米メディア「MLB側は事情聴取後に処分を検討」

 27日(日本時間28日)にミニッツメイド・パークで行われたアストロズとドジャースのワールドシリーズ(WS)第3戦で、人種差別行為の疑惑が持ち上がったアストロズのユリエスキ・グリエル内野手が現地の取材に答え、「侮辱するつもりはなかった」と釈明している。ヒューストンの地元メディア「ABC13」電子版が伝えている。

【動画】ダルビッシュから豪快な一振り! アストロズ・グリエルの先制本塁打


 グリエルはこの日、ドジャース先発のダルビッシュ有投手から2回に先制ソロを放つなど2安打1打点と活躍。5-3の勝利に貢献した。しかし、本塁打の後、ダグアウトで見せた両目尻をつり上げる行為がアジア系の人々を侮辱する差別的ジェスチャーとして問題視され、波紋を呼んだ。

 米複数メディアがダルビッシュに対する差別行為の可能性があると伝える中、地元メディアがグリエル本人のコメントを紹介。記事では「試合後、これが侮辱的なジェスチャーだとは知らなかったとグリエルは語っている」と伝え、本人が「侮辱するつもりはなかった」、「キューバでは、アジア出身の人をチーノと呼ぶんだ。日本人や中国人とは呼ばない。チーノと呼ぶんだよ」と語ったことを紹介している。

 また、この行為について気づいていたというアストロズのヒンチ監督は試合後の会見で「彼が後悔していることは知っている」と語ったという。

ダルビッシュ「人類として1つ前にいけるステップになれば」

 一方、ESPNのスコット・ローバー記者は「MLBはグリエルにWS第3戦でのダグアウトで見せたジェスチャーに関して事情聴取を行った後、彼に対しての処分を検討するだろう」とレポートした。

 試合後、ダルビッシュは「ああいうことをパブリックの場でしてしまっている以上は、MLBとかもそれなりのちゃんとした処置をしなければいけないと思う」としながらも「人類として学んで、人類として1つ前にいけるステップになれば、ただのミスで終わらないんじゃないかと思う」とも話し、これを契機に差別行為がなくなることを願っていた。

 2014年にDeNAに所属したこともあるグリエルはこれまで自身のSNSで日本のファンに対するメッセージも送っていたが、最も注目を浴びる大舞台で人種差別ととられる行為を見せてしまった。MLB側は今後どのような対応を見せるのか。今後の動向が注目される。

Full-Count編集部

最終更新:2017/11/3(金) 1:10
Full-Count