ここから本文です

ロシアW杯の賞金総額が455億円で承認…優勝チームには43億円

10/28(土) 14:29配信

ゲキサカ

 国際サッカー連盟(FIFA)は27日、インドのコルカタで理事会を行い、2018年ロシアW杯の賞金総額を4億ドル(約455億円)にすることを承認したと公式サイトで発表した。2014年ブラジルW杯の3億5800万ドル(約407億円)から12%の増額となる。

 各賞金額は優勝チームが3800万ドル(約43億円)、準優勝チームが2800万ドル(約32億円)、3位チームが2400万ドル(約27億円)。また、グループリーグで敗退しても出場チームには800万ドルが与えられる。さらに大会への準備費用として150万ドルも支払われるため、全チームが最低でも950万ドル(約10億円)を受け取ることになるようだ。

最終更新:10/28(土) 14:29
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報