ここから本文です

メッシが今季12点目、首位バルサ白星 2位バレンシアは好調ザザのゴールなどで6連勝/リーガ

10/29(日) 12:39配信

ISM

 リーガ・エスパニョーラは現地時間28日に第10節の4試合が行なわれ、首位バルセロナは11位アスレティック・ビルバオに2対0で勝利した。

 敵地に赴いたバルサは、メッシが相手GKをかわしてシュートを放つなど何度か好機を手にすると、36分に先制。左サイドのアルバから受けたクロスをメッシが押し込み、今季国内リーグ12点目をマークした。

 バルサはその後チャンスを得ながらなかなか加点できなかったが、92分、メッシが左サイドにいたスアレスにボールを渡すと、同選手のシュートのこぼれ球をパウリーニョが沈めてダメ押しの2点目。試合はそのまま終了し、バルサが勝ち点3を手にした。

 ここまで5連勝でバルサを追走している2位バレンシアは、19位アラベスに2対1で勝利。34分にザザの今季9得点目で先制すると、その後同点に追いつかれたが、66分にロドリゴがPKを沈めて勝ち越しに成功した。バレンシアは連勝を6に伸ばし、バルサとの勝ち点4差をキープ。先制点のザザは6戦連続でゴールを挙げている。

 4位アトレティコ・マドリーは、6位ビジャレアルと1対1で引き分けた。61分にコレアのゴールで先制するも、81分にバッカに決められ、勝ち点2を取りこぼした。コレアは「試合を決めることができなかった。運がなかった」と試合を振り返った。

 そのほか、5位レガネスは8位セビージャに1対2で敗れた。(STATS-AP)

最終更新:10/29(日) 12:39
ISM

スポーツナビ サッカー情報