ここから本文です

コミッショナー、ダルに「心を動かされた」グリエルの処分が来季になったワケ

10/29(日) 10:21配信

デイリースポーツ

 米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーは28日(日本時間29日)、ワールドシリーズが開催されているミニッツメイド・パークで緊急会見を行い、前日の第3戦でドジャースのダルビッシュ有投手から本塁打を放った後、ベンチ内でアジア人を差別するようなジェスチャーをしたアストロズのユリエスキ・グリエル内野手に対し、来季の5試合出場停止などの処分を発表した。

【写真】元DeNAのグリエル 「侮辱するつもりはなかった」と即座に謝罪

 MLBが問題視したのは、グリエルが二回の打席でダルビッシュから先制ソロを放った後、同投手が続投する中、ベンチ内で自身の両目尻をつり上げるしぐさをした点だ。

 両選手と個別で話し合いの場をもったという同コミッショナーは「グリエル氏はすぐに自分の過ちを認識し、深く反省していた」と同選手の様子を報告。ダルビッシュとの会話については「この困難な状況の中で彼の考え方は模範となるほど素晴らしかった。中でも特筆すべき点は、このネガティブな出来事を人々が学び、深く理解するための機会にしたいという意見だ」と称賛。さらに出場停止処分のタイミングがシリーズ期間中ではなく、来季にした理由の一つとして「ダルビッシュ氏との会話の中で前に進みたいという彼の気持ちに心を動かされた。(グリエルの)処分の時期を今ではなく、来季にする後押しになった」と説明した。