ここから本文です

【日本S】DeNA逆転負けで連敗、救援陣が踏ん張れず リプレー検証で決勝点許す

2017/10/29(日) 22:29配信

Full-Count

宮崎が一時勝ち越しのアーチも…7回に失策絡みでピンチ作り、2点差逆転される

 DeNAが痛恨の逆転負けを喫した。29日、ヤフオクドームで行われたソフトバンクとの日本シリーズ第2戦。初戦に大敗していたDeNAは一度は6回に逆転したものの、リリーフ陣がリードを守り抜けずに3-4で再逆転負け。まさかの連敗で本拠地・横浜へと戻ることになった。

 5回までゼロ行進を続けていた打線が、6回に一度は逆転に成功した。1死から梶谷が内角高めの真っ直ぐを腕をたたんで上手く捉え、右翼ポール際スタンドの最前列へのソロ。ロペスが三塁内野安打を放つと、ここで東浜は降板。筒香は2番手・嘉弥真の前に空振り三振を喫したが、続く宮崎が3番手・森に追い込まれながらも、内角低めの真っ直ぐを左翼ホームランテラス席へ運ぶ2ラン。この打席まで日本シリーズ無安打だった宮崎にとって、シリーズ初安打が値千金の勝ち越しアーチとなった。

 だが、リリーフ陣が踏ん張りきれなかった。6回1失点と好投した今永の後を受けた三上が先頭の明石に二塁打を浴び、3番手・砂田が柳田に中前適時打を許して、1点差。さらに4番手・パットンが味方の失策などで満塁のピンチを背負うと、中村晃に右前への適時打を浴びた。本塁を狙った二塁走者の今宮は本塁でクロスプレーとなり、一度は主審がアウトの判定を下したが、リプレー検証で判定が覆り、逆転の4点目を奪われた。

 そこからはソフトバンクの鉄壁のリリーフ陣から得点を奪えずに敗戦。2連敗となり、厳しい状況となってきた。

Full-Count編集部

最終更新:2017/12/5(火) 18:34
Full-Count