ここから本文です

ビル・チャーラップ、トリオ結成20周年を記念した新作を携え来日公演開催

10/30(月) 16:54配信

CDジャーナル

 2度の〈グラミー賞〉ノミネートを誇るジャズ・ピアニストのビル・チャーラップ(Bill Charlap)が、トリオ結成20周年を記念した新作『Uptouwn Downtown』(IMPILSE! / 輸入盤)を携え、2018年1月4日(木)から7日(日)まで、東京・丸の内 COTTON CLUBにて公演を開催します。

 ビル・チャーラップは、大ヒット・ミュージカル〈ピーター・パン〉の作曲家ムース・チャーラップと歌手サンディ・スチュアートを両親に、数々のウディ・アレン映画の音楽を担当するディック・ハイマンをいとこに持つ音楽界のサラブレッド。幼い頃から音楽に親しみ、80年代からジャズ・ミュージシャンとしての活動を開始。1997年に元トミー・フラナガン・トリオのリズム・セクションであるピーター・ワシントン、ケニー・ワシントンと自身のトリオを結成、今年はその発足20周年にもあたります。本公演では磨き抜かれたスウィング感、息の合ったコンビネーションを楽しめそうです。

 座席の予約は11月4日(土)より受付開始。詳しくはCOTTON CLUBのオフィシャル・サイトでご確認ください。

最終更新:10/30(月) 16:54
CDジャーナル