ここから本文です

ジム・キャリーの役作りに迫るNetflixオリジナル・ドキュメンタリー、11月に全世界同時配信

10/30(月) 16:55配信

CDジャーナル

 2000年に日本で公開された『マン・オン・ザ・ムーン』でのジム・キャリーの役作りに迫ったNetflixオリジナル・ドキュメンタリー「ジム&アンディ」が、11月17日(金)より全世界同時で配信されます。

 チェコの名匠、ミロス・フォアマンが、コメディアン、アンディ・カウフマンの半生を描いた『マン・オン・ザ・ムーン』。主演を務めたジム・キャリーは、本作で〈ゴールデングローブ賞〉主演男優賞を受賞しました。

 スパイク・ジョーンズがプロデューサーを務めた「ジム&アンディ」では、回想やメイキング映像をとおしてジム・キャリーのアイデンティティに迫っていきます。本ドキュメンタリーの監督を務めたクリス・スミスは「本作を撮るにあたっては、関係者全員に取材をしたいという衝動にも駆られました。しかし、当時の映像を見ていくにつれ、私の興味はジムと彼の思考のプロセスのみに絞られていきました。本作を単なるこの出来事のドキュメンタリーではなく、ジムとアンディ2人の人生を感情面から探求する出発点にしたかったのです」と語っています。

最終更新:10/30(月) 16:55
CDジャーナル