ここから本文です

ラ・フェラーリのレーサー、FXX-Kが「エボ」に進化…空力性能が大幅向上

10/30(月) 13:00配信

レスポンス

フェラーリは10月29日、イタリアで開催された「フィナーリ・モンディアーリ」において、フェラーリ『FXX-Kエボ』を初公開した。

画像:フェラーリ FXX-K エボ

2014年に発表されたフェラーリ『FXX-K』は、フェラーリの頂点に立つスーパーカー、『ラ・フェラーリ』をベースに開発されたレーシングカー。32名の限られた顧客のために、少量生産。顧客はFXX-Kをサーキットで走行させることで、フェラーリの研究開発プログラムに参加する役割も果たす。

FXX-Kのパワートレインは、ラ・フェラーリの6262ccのV型12気筒ガソリンエンジン+HY-KERSを、レース用に専用チューニング。トータル出力1050psという圧倒的パワーを獲得した。

今回、イタリアで初公開されたFXX-Kエボは、FXX-Kの進化バージョン。エアロダイナミクス性能を大幅に引き上げているのが特徴。アクティブリアスポイラーと空力面で相乗効果を生む新デザインの固定式リアウイングをはじめ、新型のバンパー、フロントにはカナードや新形状のリップスポイラーが装着される。

これらの改良により、従来比で23%エアロダイナミクス性能を向上。市販モデルのラ・フェラーリに対しては、75%もの向上となる。200km/h走行時のダウンフォースは640kg、最高速到達時には830kg以上のダウンフォースを生む。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/30(月) 13:00
レスポンス