ここから本文です

橋本環奈の姿に小栗旬「本当に流すの!?」、「斉木楠雄」イベントで福田雄一が暴露

10/30(月) 13:30配信

映画ナタリー

「斉木楠雄のΨ難」のイベントが10月29日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲で開催され、キャストの橋本環奈と賀来賢人が登壇した。

【写真】「斉木楠雄のΨ難」ポスタービジュアル(他5枚)

麻生周一の同名マンガを実写化した本作は、超能力のせいで日々災難に見舞われてしまう高校生・斉木楠雄の日常を描く学園コメディ。上映前の舞台挨拶で橋本は「私ヤバいなと思いました(笑)。たぶんみんな引くと思う、けど笑って観てほしいと思います」と観客にアピールした。また斉木役の山崎賢人からのビデオメッセージもスクリーンにかけられた。

上映後に行われた大ヒット御礼イベントには、観客と一緒に映画を鑑賞した橋本と賀来のほかに監督の福田雄一が登壇。橋本扮する照橋心美がお化け屋敷に入る直前のシーン、夏休みに斉木と出くわす場面の反応がよかったことを聞いた福田が満面の笑みで「コメディエンヌまっしぐらですね(笑)」と橋本に声をかけると、賀来も「福田監督が女優さんをこんなに褒めるところを初めて見ました!」と驚いた様子を見せる。

橋本はプライベートで映画を鑑賞した際「最初は『かわいい!』とか言ってくれていてうれしかったんですけど、上映後は『あそこまで口開くんだ……』って言っていて」と一緒に観た観客の反応を明かす。福田は「銀魂」で主演を務めた小栗旬に、橋本が口を大きく開けた劇中の姿の写真を送り「本当にこれ流すの!?」と言われたと裏話を語る。

元ヤンの窪谷須亜蓮を演じた賀来は「改めて僕、何やってんだ……と思いましたね(笑)」と苦笑。山崎との共演シーンでの「するもんか! みのもんた!」というアドリブ芝居に「みのもんたってなんですか?」と質問された賀来は「『するもんか!』に語呂が似てる言葉を言いたかった」と説明する。また福田から、山崎とのシーンで「ほっぺたをプニプニしてたあれは何?」と聞かれた賀来は「爪痕を残したかった(笑)。あそこは山崎賢人との勝負みたいなところはありましたね」と振り返った。

吉沢亮演じる海藤瞬がツボだったと言う橋本は「教室のシーンで、奥のほうに見えてる海藤が、ずっと何かをやっていて、しかもよく見ると口が動いてる」と見どころを語る。また橋本は、髪や眉毛を剃り、地毛で特徴ある見た目の燃堂力役に挑んだ新井浩文が「『パート2はやりたくない』って言ってました」と暴露。その言葉に福田は「ちびっこに大人気のキャラクターだし、やってもらうしかないですね(笑)」と続編への出演を熱望した。

「斉木楠雄のΨ難」は、全国の劇場で上映中。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記。



(c)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

最終更新:10/30(月) 13:30
映画ナタリー