ここから本文です

「劇場版マジンガーZ」ローマで世界最速上映だゼーット!永井豪が熱烈な歓迎受ける

10/30(月) 13:38配信

映画ナタリー

アニメーション作品「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」のワールドプレミア上映が、イタリア現地時間10月28日に第12回ローマ国際映画祭にて行われ、原作者の永井豪が出席した。

【写真】ファンと交流をする永井豪。(他29枚)

同映画祭の公式招待作品に選出された「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」。レッドカーペットに登場した永井は、ファンによる日本語の主題歌合唱で迎えられ、グッズやポスターにサインをしながら彼らとの交流を楽しむ。そして永井原作のアニメ「鋼鉄ジーグ」にインスパイアされた「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」の監督ガブリエーレ・マイネッティらとともに、写真撮影に応じた。

世界最速の上映となる本イベントでは、700人ほどが収容可能な会場が満席に。永井は「ローマ映画祭はとても熱い映画祭という印象です。熱烈な歓迎ありがとうございます。こんな経験はハリウッドのスターでもないのにうれしいです(笑)」と挨拶し、「マジンガーZの持つ力強さ、ピュアな情熱といったものがイタリアの人たちの心情にぴったりだと思います。世界中で愛されているマジンガーです。イタリア、そして日本でもぜひヒットしていただけるとうれしいかなと思います」とファンにメッセージを送った。そして上映中は戦闘シーンが終わるたびに歓声が上がる。終映後には会場がスタンディングオベーションに包まれ、客席にいる永井のもとへファンが一気に押し寄せる場面も見られた。

2018年1月13日公開の「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」は、テレビシリーズの最終回から10年後の世界を舞台に、再び人類の未来を託されることになったマジンガーZの激闘を描いた作品。森久保祥太郎、茅野愛衣、上坂すみれ、花江夏樹、石塚運昇らがキャストに名を連ね、志水淳児が監督を務めた。



(c)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

最終更新:10/30(月) 13:38
映画ナタリー