ここから本文です

韓日友好の象徴「朝鮮通信使」資料 ユネスコ記憶遺産に登録へ

2017/10/30(月) 12:06配信

聯合ニュース

【釜山聯合ニュース】朝鮮王朝時代に日本に派遣された外交使節「朝鮮通信使」に関する資料が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録される見通しだ。27日まで開かれたユネスコ国際諮問委員会(IAC)が登録を勧告することを決めた。釜山市と釜山文化財団が30日、明らかにした。

 諮問委の勧告を踏まえ、ユネスコ事務局長が1週間以内に最終決定し、発表する。

 釜山文化財団と長崎県対馬市のNPO法人「朝鮮通信使縁地連絡協議会」が昨年3月、共同申請したもので、朝鮮通信使に関する外交文書や旅程の記録、文化記録など111件333点(韓国側63件124点、日本側48件209点)が対象。

 朝鮮通信使は壬辰倭乱(文禄・慶長の役)で断絶した朝鮮との交流を回復するため江戸幕府の要請を受け派遣が始まった。1607~1811年に12回日本に派遣され、両国の平和と善隣友好の象徴とされる。

最終更新:2017/10/30(月) 12:47
聯合ニュース