ここから本文です

【ノア】丸藤が復帰の杉浦に共闘呼びかけ

10/30(月) 16:46配信

東スポWeb

 ノアの天才・丸藤正道(38)が29日、心臓の手術から復帰した杉浦貴(47)とのコンビ復活を示唆した。心房細動治療のため6月から欠場していた杉浦は、28日の後楽園大会で約4か月ぶりの復帰戦を勝利で飾った。早くも完全復活を証明し「もう一度てっぺんに立つだけ!」と早期のGHCヘビー級王座奪還を誓った。

 そんな杉浦の復帰を誰よりも歓迎するのが「必要不可欠な人間」と信頼している丸藤だ。ただしこの4か月でノアマットはGHC王者にエディ・エドワーズ(33)が君臨するなど状況は大きく変わった。

 そこで「誰と組み、戦ったら面白いか考えて、行動に出てもらって構わない。元サヤに戻らなくてもいいと思うし。果たして拳王と組む必要があるのか?」と“共闘”を呼びかけた。

 復帰戦では欠場前からの相棒・拳王(32)と組み、シリーズ中も2人のコンビが多く組まれている。だが丸藤は一度リセットすべきではと訴える。しかも「俺とは相対するのがしっくりくるけど、下の人間が追い込んでくれるなら組む必要が出てくる可能性がある。逆にノアは丸藤、杉浦でいいのか?と若いヤツに問いたい」とまで言い切る。若い世代の台頭次第では、2013年3月にGHCタッグ王座から陥落して以来となる、杉浦との本格的なコンビ再結成も選択肢にあるという。

 裏を返せば開催中の「グローバルリーグ戦」で新世代の奮起を促している証拠だ。「アンテナを張ってもらいたい」という丸藤の要請に杉浦はどう動くのか注目だ。

最終更新:10/30(月) 16:46
東スポWeb