ここから本文です

日米韓参謀議長ら、具体的な連合作戦について協議 「北脅威に備え態勢、安保協力を強化」

10/30(月) 14:53配信

WoW!Korea

日米韓の参謀議長は30日、北朝鮮の核・ミサイル脅威に効果的に対応するため情報共有、軍事協力強化の方案を協議した。

 3国の参謀議長とハリス米国太平洋司令官、在韓米軍のビンセント・ブルックス司令官、マルティネス在日米軍司令官など朝鮮半島安保のトップ関係者らはこの日、米太平洋司令部で対面し、朝鮮半島危機状況を評価するとともに、具体的な連合作戦について協議した。

 この日、3か国の参謀議長らは先ごろ、北海道上空を通過した二度にわたる北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射と核実験に対して意見を交わし、北朝鮮の核実験が国連安保理決議案に対する深刻な脅威行為であることを再確認した上で、これに対応する最大限の協力を約束。

 また、今回の会議を通して北核・ミサイル脅威に対応するため3か国間の情報共有と対備態勢など、安保分野の協力において多様な方案を協議した。

最終更新:10/30(月) 14:53
WoW!Korea