ここから本文です

【東京モーターショー2017】初のDSオリジナルモデル、DS7クロスバック発表

10/30(月) 19:30配信

レスポンス

DSブランドとして発足以降初のDSオリジナルモデルが発表された。それが東京モーターショーのDSブースに展示された『DS7クロスバック』だ。

[関連写真]

◇DSコレクションの新たな宝石

DSブランドが日本で立ち上がって2年、「自動車業界に向けて、フランスのラグジュアリーの粋を実現するという我々の志をまさにいま展開している。我々は1955年のシトロエンDSから受け継いだ、革新と卓越を継続させていきたい。そこで今回DSコレクションに新たな宝石を付け加える」と述べるのはプジョー・シトロエン・ジャポン代表取締役社長のクリストフ・フレヴォ氏だ。それがDS7クロスバックなのである。

62年前の1955年に開催されたパリサロンで、圧倒的な存在感を持つクルマがデビューした。それがシトロエン『DS』だ。その後、20世紀を代表するクルマとして「世界中の人々に愛されてきた。まさにフランスのラグジュアリー、クラフトマンシップ、そして最先端で最高のテクノロジーの完璧な融合だ」とは、DSブランド統括責任者のエリック・アポッド氏の弁。このクルマは、「何百人もの有名人、セレブや政治家、ドゴール大統領を含めた国家元首に愛されてきた」という。

DS7クロスバックには「15の素晴らしいイノベーションが搭載されている」とアボット氏。その多くが、「走りの快適さに集中している」という。そのひとつは“DSコネクテッドパイロットだ。「完全なる自律走行に向けたステージ2の実力を備えている。またDSアクティブLEDビジョンは、インテリジェントなLEDヘッドランプだ」と述べる。このLEDヘッドランプは、駐車、市街地、郊外路、高速道路、悪天候の5つのシーンで最適化した照射モードを自動的に切り替える。そのほか自動でロー/ハイビームの切り替え、ステアリング操作に同調して照射方向を変えるディレクショナルヘッドライトも装備している。

そしてシトロエンDSに素晴らしい乗り心地を与えていたハイドロニューマチックサスペンションに倣い、DS7クロスバックには、DSアクティブスキャンサスペンションが採用された。「21世紀のサスペンションだ」とアボット氏はいう。この技術はカメラセンサーを用い、車両の5から20m 前方までの路面状況をスキャンし、その情報を元にダンパーを四輪独立で電子制御。常にダンピングを調整し続けることで、高い快適性を提供するという。

搭載されるエンジンは、225psのガソリンエンジンと180psのディーゼルエンジンで、最新のアイシン製8速オートマチックが組み合わされる。その後、「全く新しいプラグインハイブリッド、300psを発揮する四輪駆動モデルもバリエーションとして広げていく」とアボット氏は述べた。

◇シトロエンDSのイメージを未来永劫伝えるために第2章がスタート

DS7クロスバックについてプジョー・シトロエン・ジャポン広報室の八木亮祐氏は、「DSブランドの第2章だ」と位置付ける。これまでのDSブランドのクルマはベースモデルがあったが、DS7クロスバックはエクステリア、インテリアデザインを含めDSオリジナルであることを踏まえてのこと。エンジンもいまのところこのクルマのみ225ps仕様だ。つまり、「新しいDSがここから出発するということをうたうためにこのモデルが作られた」という。

SUVタイプとなったのは、「セグメント的に人気であるということと、タイミングもあった」。DSは今後1年に1車種ずつ出していくことを宣言しており、現在予定されているのは、「3つのSUVと3つのセダン(3BOXセダンやファーストバック風も検討されている)が含まれている」とした。

そして、DS7クロスバックは、「フランス流のクラフトマンシップ、革やデザインなどとともに、PSAの中でADASが最も充実している。そういうハイテクとの組み合わせが特徴だ」。さらに、「DSのヘリテージを前面に出したいと、アクティブスキャンサスペンションも採用。これはかつてのDSがテクノロジーで知られていたことを踏まえ、カッティングエッジテクノロジーのようなものを採用したい。1955年に始まったDSのイメージを未来永劫伝えていくのに相応しいクルマは何かということを考えて作られた最初のクルマだ」と語った。

《レスポンス 内田俊一》

最終更新:10/30(月) 19:30
レスポンス