ここから本文です

禁断の1冊 闇が深すぎると話題になった「だんなデス・ノート」の書籍版が誕生してしまう

10/30(月) 15:30配信

ねとらぼ

 夫への不満や殺意が生々しくつづられたWebサイト「だんなデス・ノート(DEATH NOTE)」が1冊の本になりました。

生々しい投稿

 「だんなデス・ノート」は、「夫に死んでほしい」と願う妻たちが夫への不平・不満、夫の死の願望を投稿するSNSサイト。

 「永眠願う」「まだ生きてる……」など、妻たちの夫への殺意がストレートに書き込まれており、存在が知られるようになった6月ごろには「怖すぎ」「闇が深い」「生々しい投稿が笑えない」と話題になりました。

 書籍版「だんなデス・ノート(宝島社/10月27日発売/本体価格1100円・税別)」は「だんなの不倫、浮気、許せない!」「だんなのDV、モラハラ、許せない!」「とにかく死んでよ、だんな!」など5部構成の内容。著者は「死神」になっています。怖いよー。

 監修はサイト管理人でもある牧田幸一朗さん。“不満や愚痴は一人で悩み続けず、どこかに吐き出す必要がある”という考えでサイトを運営しており、今回の書籍も「読んでスッキリ、孤独なストレスを和らげる一冊」になっているそうです。

最終更新:10/30(月) 15:30
ねとらぼ