ここから本文です

安美錦が昭和以降最年長で幕内復帰 8場所ぶりに「長かったような短かったような」

10/30(月) 12:44配信

デイリースポーツ

 「大相撲九州場所」(11月12日初日、福岡国際センター)

 日本相撲協会は30日、九州場所の新番付を発表し、安美錦(伊勢ケ浜)が8場所ぶりに幕内に返り咲いた。39歳0カ月での再入幕は土佐ノ海(立川親方)の38歳6カ月を更新し、昭和以降最年長。

【写真】38歳・安美錦 熱戦に「疲れちゃった」

 「改めて番付を見たらやっと戻ってきた感覚はある。8場所ぶりは長かったような短かったような。中身の濃い1年半でした」と、苦心の日々を思った。

 幕内だった昨年夏場所に左アキレス腱(けん)を断裂。2場所連続休場となり、十両に陥落した。「(古傷の)膝と違って初めての部分だった。すごく時間がかかったし、一から作り直すようやってきた。いろんな人に聞き自分の体を実験台にどんどん治療をした。自分の相撲が取れずに苦しかった」。

 治療、リハビリに時間に集中できたのは絵莉夫人ら家族の支えがあってこそ。7月には第3子となる長男も誕生した。「3人目が相撲を分かるまで取れたら。いったい、いくつになっちゃうんだ?」と、自らに突っ込みを入れて笑った。

 先場所後の10月3日に誕生日を迎えて、39歳は幕内でスタート。「戻って来られたのはうれしい。一つのスタートと思って気持ちを切り替えてやりたい。上位と対戦したい気持ちは常に持っている。(4横綱と)早く当たれるところまで毎日頑張っていきたい」。ベテラン業師がまだまだ闘志をあふれさせた。

最終更新:10/30(月) 13:03
デイリースポーツ