ここから本文です

ハロウィーンにスーファミ親子現る! 阿佐谷の仮装大会で前年準グランプリのファミコンが進化

10/30(月) 17:15配信

ねとらぼ

 阿佐谷パールセンター商店街(東京都杉並区)のハロウィン仮装コンテストが、10月29日に開催。前回、親子でファミコンに仮装し準グランプリに輝いたルイレイチャンネルさんが、今年はスーパーファミコン(スーファミ)になって登場しました。モデルのゲーム機もお子さんもパワーアップ!

【画像】スーファミ仮装 製作の過程

 お父さんが本体、双子の息子さんがコントローラーとなり、みんなで手をつないでスーファミを表現。手法は前回と同じですが、今回は本体とコントローラーの高さがほぼ等しくなっており、息子さんたちの成長が見て取れます。

 衣装の製作も家族で協力。実機を見ながら段ボールで形を作り、色紙を貼って再現していきます。そして1カ月以上の期間を経て、大会当日の朝に完成。本体には「スーパーマリオワールド」のカセットもセットされ、本当に巨大なスーファミのような仕上がりです。

 当日はあいにくの雨でしたが仮装の評判は上々で、苦労は報われたもよう。ファミコン、スーファミと来たら来年以降はニンテンドウ64やゲームキューブ? ……と期待されるところですが、息子さんが来年中学に上がるので、親子での仮装は今回が最後になるかもしれないそうです。子どもたちの成長は喜ばしいことですが、ちょっとさみしい。

最終更新:10/30(月) 17:15
ねとらぼ