ここから本文です

香取慎吾「仮装大賞」の司会は継続 日テレ社長会見で発表

10/30(月) 14:29配信

デイリースポーツ

 日本テレビが30日、都内の同局で定例の社長会見を行った。会見の中で、編成局長が、ジャニーズ事務所を退所した香取慎吾(40)について、萩本欽一(76)と2人で司会を務めている不定期特番「欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞」を従来通り継続して担当すると発表した。香取は2002年から、萩本とともに司会を務めている。

【写真】香取慎吾 安倍首相に自身のアート作品を解説

 福田博之編成局長は「単発で香取さんに『仮装大賞』に出ていただいています。これは先月はまだ何も決まっていないと申し上げましたが、放送することを決めています。まだ放送日、放送枠は申し上げられませんが、司会は従来通り萩本欽一さんと香取慎吾さんでということで放送することになります」と香取の起用を明言。放送日については「ほぼ決まっているんですけども、まだオープンにするタイミングではない。もうちょっとだけ待ってください」と説明した。

 萩本は18日に放送された「おじゃMAP!!」(フジテレビ系)にゲスト出演。香取と、1月の「欽ちゃん&香取慎吾の第94回全日本仮装大賞」以来、9カ月ぶりの共演を果たしていた。

 「仮装大賞」はかつての正月番組の風物詩で、近年も1月、もしくは2月に放送されている。地区予選があるため、通常、10月には出場者の募集があるとみられていた。

 香取はこの日、東京・表参道のスパイラルホールで開催されているアート展「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS企画展ミュージアム・オブ・トゥギャザー」に来場。安倍晋三首相に自身の作品を含む各作品を紹介するなどした。

最終更新:10/30(月) 17:49
デイリースポーツ