ここから本文です

瀬戸内・門叶が1試合4本塁打 23-3で大勝 秋季中国大会1回戦

2017/10/30(月) 17:11配信

デイリースポーツ

 「高校野球・秋季中国大会・1回戦、瀬戸内23-3米子松蔭」(30日、しまなみ)

 瀬戸内は門叶(とがの)直己外野手(2年)が1試合4本塁打を含む6打数5安打9打点の大活躍で米子松蔭に快勝した。

【写真】ドラフト主な指名漏れは?佐渡島初のプロ野球選手は誕生せず

 初回1死二、三塁のチャンスで右中間へ先制適時二塁打を放つと、三回は左翼席へ2ラン。四回にも左翼スタンドへ2打席連続となる2ランをマークした。

 勢いは止まらない。九回1死三塁で、バックスクリーンへ2ラン。この回、2度目となった打席で左翼へ2ランを放ち、4本塁打目を記録した。「1試合4発は人生で初めてです。きょうは100点。言うことなしです」と大満足の表情を浮かべていた。

最終更新:2017/10/31(火) 14:19
デイリースポーツ