ここから本文です

「なんて自分は残酷なんだ」北村匠海が冷酷キャラに共感、渡辺大知は主人公に

10/30(月) 23:08配信

音楽ナタリー

本日10月30日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて映画「勝手にふるえてろ」の記者会見が行われ、同作に出演した渡辺大知(黒猫チェルシー)と北村匠海(DISH//)が登壇した。

【写真】渡辺大知(他5枚)

「第30回東京国際映画祭」コンペティション部門出品作となっている本作は、綿矢りさの同名小説をもとにした映画で、松岡茉優演じるOLヨシカの恋を描くコメディ。ヨシカに猛アタックを仕掛ける男・ニを渡辺、ヨシカが中学時代から思いを寄せるイチを北村が演じている。主題歌「ベイビーユー」は黒猫チェルシーが書き下ろした。

松岡が「普通の女の子を、普通の物語の中で演じました。この普遍的な物語が、東京国際映画祭を介して世界の女の子たちに届くことを願っています。世界中にいる“ヨシカ的”な女の子たちに届いてほしいです」と挨拶すると、渡辺は「男ですけど僕はヨシカに共感しました」とコメント。対して北村は「ヨシカへの理解はなかなかできなかったんです。逆にイチという男の残酷なところはすごく理解できたので、それを100%だしきった作品です」と述べた。

渡辺は作品について「変わった演出やファンタジックな演出の中で、松岡さんが生き生きとリアリティあふれるお芝居をされている。それが魅力の1つなのではないかと思います」と説明。北村は「この映画はそれぞれのキャラクターが際立って濃いんですけど、とてもリアリティを感じるのは普段僕らが日常的に感じているけど、表に出ない感情の象徴のような気がして。理性的なところで口に出しちゃいけない感じを、表情だったり、声のトーンだったり、目つきだったりで前面に押し出せる役だったので、なんて自分は残酷なんだろうと」と自身の役について言及した。

また監督の大九明子は「この映画を作るうえで心がけたのは、気取ることではなくてヨシカという人間を観た人に届けること。とにかく、この物語が必要とする演出にこだわりました」と発言。最後に松岡は「この素晴らしい映画祭の中で、『勝手にふるえてろ』に時間を割いていただいて本当にありがとうございます。少ない人数、少ない時間で撮った作品ですが、これだけたくさんの方に観てもらえるということに希望を感じています。日本の映画がもっともっと元気になりますように。今日は本当にありがとうございました」と語った。

映画「勝手にふるえてろ」は12月23日より東京・新宿シネマカリテほか全国で公開される。

最終更新:10/30(月) 23:08
音楽ナタリー