ここから本文です

【巨人】内田2軍監督がフェニックスL総括「大江、高田、坂本工は伸びしろ十分」

10/30(月) 15:24配信

スポーツ報知

◆みやざきフェニックス・リーグ(ひむか・30日)

 巨人は30日、みやざきフェニックス・リーグの中日戦(ひむか)に1―8で敗れ、最終戦を飾れなかった。

 先発の高田が4回7安打、3四球も絡み4失点。さらに2番手・谷岡も四球と味方の失策もあり、2失点。3番手・桜井も2失点と厳しい内容だったが、4番手の育成右腕・坂本工が最速145キロの直球とキレ味鋭い縦のスライダーを駆使して3者凡退に抑えた。

 内田2軍監督は練習試合を含む11試合の実戦を振り返り、「雨で中止になる試合も多くて、投手陣はイニング数の面で投げたりない部分があったけど、新人の大江、高田、坂本工は伸びしろは十分感じた。野手では岡本、重信、吉川尚、宇佐見がこの秋頑張って力をつけるか。(秋季キャンプでは)めいいっぱいやってほしい」と総括した。

最終更新:10/30(月) 18:20
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/24(金) 9:30