ここから本文です

彦根東、9年ぶりセンバツ出場へ準々決勝進出

10/30(月) 17:58配信

スポーツ報知

◆高校野球秋季大会 近畿大会 ▽1回戦 彦根東4―3明石商(30日・シティ信金スタ)

 9年ぶりのセンバツ出場を目指す彦根東(滋賀3位)が明石商(兵庫1位)に競り勝ち、準々決勝進出を決めた。

 同点で迎えた6回無死三塁で、2番・宇野圭一郎右翼手(2年)の右前適時打で勝ち越し。なお1死二塁の場面で4番・高内希捕手(2年)が左翼へ2ランを放ち突き放した。夏の甲子園でもマウンドに上がったエース左腕・増居翔太(2年)は、相手打線に12安打を許すものの、味方の好守にも助けられ3失点で踏ん張った。

 「ピッチングはしっくりくる感じではなかったけど、試合のなかで修正することができた」と増居。村中隆之監督(49)は「初回が良かったのでこのままいけるかな、と思っていました。きっちり丁寧に抑えてくれた」と左腕をたたえた。

最終更新:10/30(月) 18:16
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/20(月) 2:10