ここから本文です

【MLB】前日のホームランが伏線、A.ブレグマンが読み勝ちでサヨナラ打

10/30(月) 17:39配信

ISM

 ヒューストン・アストロズは現地29日、地元でのワールドシリーズ第5戦を5時間を超える激闘の末に13対12でサヨナラ勝ち。対戦成績を3勝2敗とし、球団史上初のワールドシリーズ制覇に王手をかけた。

 アストロズは壮絶な打ち合いとなったゲームで9回表に3点を差を追いつかれたものの、10回に2死から連続四死球で一、二塁のチャンス。ここでアレックス・ブレグマン三塁手がドジャースの守護神ケンリー・ジャンセン投手からレフト前へ値千金のサヨナラヒットをはじき返した。

 前日にもジャンセンからソロアーチを放っていたブレグマンは「昨日はスライダーを打ったから、今日はもうスライダーを投げてこないと思っていた」とコメント。「(打ったのは)カットボールに見えた。コレアたちが『お前はカッター打ちが得意だから』と言ってくれたし、うまく打つことだけを心掛けたんだ」と読みどおりの一打を振り返っていた。(STATS-AP)

最終更新:10/30(月) 17:39
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/23(木) 20:40