ここから本文です

真凜「嫌い」なスピンの猛特訓誓う GPファイナル絶望的も中国杯で雪辱だ

10/31(火) 6:06配信

スポーツ報知

 【レジャイナ(カナダ)29日=高木恵】5位でGPデビュー戦を終えた本田真凜(16)=大阪・関大高=は、スピンの猛特訓へ意欲を見せた。

【写真】エキシビションで華麗な演技を披露する本田真凜

 真凜が変わる。10位に沈んだSPはスピンのレベルを取りこぼし、試合後に浜田美栄コーチから説教を受けた。「スピン練習は…嫌いです」というのが正直な思い。ジャンプと比べると地道な作業の繰り返しとも言えるスピン練習は苦手だったが、悔しさから猛特訓を誓った。

 「ジャンプは試合でどう出るか分からないかもしれないけど、スピンは練習すればできることは分かっているので頑張りたい」。浜田コーチは「スピンの練習が足りない。ジャンプは一瞬だけどスピンは長い。スピンがうまいと他のものが締まる」と話す。初心に返り、コツコツと回り続ける。

 GPファイナル進出は絶望的となったが、「平昌五輪に出たいという目標は変わらない。今回のショートの失敗を全日本選手権へつなげられたらいい」。11月3日開幕の中国杯で雪辱を期すため、30日にレジャイナ空港から「頑張ってきます」と、北京へ旅立った。

最終更新:10/31(火) 8:24
スポーツ報知