ここから本文です

アリス・クーパー「キッスと仲が悪かったことはない」

10/30(月) 13:01配信

BARKS

オーストラリア/ニュージーランドでエース・フレーリーとジョイント・ツアーを行なったアリス・クーパーは、彼とキッスの間には世間が想像するような軋轢や敵対心はなく、友人関係にあると話した。

◆アリス・クーパー インタビュー映像

『Heavy TV』のインタビューでキッスとの因縁について問われた彼はこう答えた。「もともと、どこでメイキャップ(用品)を買えばいいかキッスに教えたのは俺らだ。みんな、俺らとキッスの間には大きな対立があったって思っているが、そんなもの全くなかった。俺らは全員、友人だ。俺が唯一彼らに与えたアドバイスは、“ショウ的にもメイキャップ的にも、俺とは距離を置くようにしろ。じゃないと、俺と比べられる”ってことだけだった。それで、彼らはコミック・ブックのキャラクターみたいになり、それを確立したんだ。俺は、素晴らしいアイディアだって思った」

「ハードロックっていう同じタイプの音楽をプレイしていたとしても、彼らは賢明で、違うものであり続けた。キッスと俺の間には気まずさなんてなかった。初めて彼らがプレイしているのを見たとき、彼らからどう思うかって訊かれたのを覚えている。俺は“このバンドに必要なのは仕掛けだけだ”って答えた」

アリスはオーストラリア・ツアーの最終日(10月25日)、エースと共演。「School’s Out」を一緒にプレイした。

アリスはまた、このインタビューで、ハリウッド・ヴァンパイアーズが新曲の制作をスタートしたことを明かした。来年2、3月にスタジオに入り、夏にツアーを始める計画だという。

Ako Suzuki

最終更新:10/30(月) 13:01
BARKS