ここから本文です

関東でも吹き荒れる風 いつまで?

10/30(月) 15:58配信

ウェザーニュース

 台風一過の晴天となっている関東や近畿では木枯らし1号が発表、北日本では紅葉が舞い散るなど、各地で強い風となっています。

 ◆原因は急発達した元台風
 台風22号から変わった低気圧は、その後、急発達をしながら、三陸沖を北上。昨夜21時時点で985hPaだった中心気圧は、その後3時間ごとに……
 →980hPa(0時・台風消滅)
 →972hPa(3時)
 →962hPa(6時)
 →952hPa(9時)
 →944hPa(12時)と低下。今夜21時時点では938hPaまで下がる予想となっています。


 ◆北日本を中心に暴風
 その影響により各地で強い風が吹き荒れています。特に北日本を中心としたエリアで強く、北海道・支笏湖畔や岩手・釜石など1道9県で10月の観測史上最大となる日最大風速を観測。瞬間風速では、北海道・羅臼で32.9m/s、岩手・大船渡で31.4m/s、北海道・えりも岬で30.7m/sなど、30m/s超という地点も出ています。


 ◆紅葉も、急にフィナーレへ
 北日本からは、この風によってスカスカになってしまった木や、落ち葉の写真が届きました。ここ数日の雨風で一気にフィナーレを迎えつつある紅葉の姿が多く見られます。


 ◆風はいつまで強い?
 西・東日本では、夕方にかけて強い風が吹き荒れる予想です。帰宅時の交通機関への影響も心配なので、随時最新情報をご確認ください。また、低気圧に近い北海道などでは、今日のような暴風ではないものの、明日も沿岸ほど強い風に注意が必要です。

ウェザーニュース

最終更新:10/30(月) 15:58
ウェザーニュース